トップページ > お知らせ > 粟嶋神社に異年齢でお散歩に行ってきました(10月3日)

粟嶋神社に異年齢でお散歩に行ってきました(10月3日)

a粟嶋神社に出発進行!

この日は台風の影響で少し風が吹いていましたが、青空で気持ちの良い天気だったので全園児でお散歩に行ってきました。
年少、もも組は幼稚園裏の畑道を歩いて、途中からバスに乗って粟嶋神社に行きました。
年長、年中は粟嶋神社まで歩いて行きましたよ。秋の自然を感じたり、交通ルールを学んだりできました。
誘導リングを持って上手に歩きました。
誘導リングを持って上手に歩きました。
「車がこないかな?」右見て左見てもう一度右見て、手をあげて渡りました。
「車がこないかな?」右見て左見てもう一度右見て、手をあげて渡りました。
風にも負けず、頑張って歩きましたよ。
風にも負けず、頑張って歩きましたよ。
今畑には、どんな花や野菜が植えてあるのかな?
今畑には、どんな花や野菜が植えてあるのかな?
道路は車が通るので1列で歩きました。
道路は車が通るので1列で歩きました。
横断歩道も手をあげて、車が来ないか確かめて上手に渡りました。
横断歩道も手をあげて、車が来ないか確かめて上手に渡りました。

a粟嶋神社到着!

「みんなお空を見てどうしたの?」なんと風で雲が早く移動していたのです。
「みんなお空を見てどうしたの?」なんと風で雲が早く移動していたのです。

a異年齢チームに分かれて「静の岩屋八百姫宮(しずのいわや やおひめぐう」へ


「道に石があったり、木や枝が落ちていたり、滑りやすくなっているところもあるので、
なかよしペアの大きい組さんが上手にリードして、危なくないように歩いてね。」と
静の岩屋八百姫宮まで行く時の約束をしました。
でこぼこ道もありましたが、上手に大きい組さんがリードしてくれましたよ。
でこぼこ道もありましたが、上手に大きい組さんがリードしてくれましたよ。
静の岩屋八百姫宮に着き、八百比丘尼(やおびくに)の伝説の話を聞きました。漁師の娘が誤って、人魚のお肉を食べて、八百歳まで長生きしたそうです。その娘さんが密かに隠れていた場所だと言われています。
「病気をしないで、ずっと元気で過ごせますように。」とお願いしてきました。
帰りはなかよしペアでバスに乗って帰りました。
子ども達にお話を聞いてみてくださいね。
これからも、天気の良い日はお散歩にでかけ、自然探しをしたいと思っています。