本文へ移動

年長組だより

カワイ体操教室(6,7回目)

2021-09-30
 6,7回目のカワイ体操教室は、主に跳び箱の練習をしました。
 6回目の体操教室では、最初に柔軟体操をしっかり行ってから、ライオン歩きや手押し車をしました。この時に床やマットにしっかり手をついて行うことが跳び箱を上手に跳べるようになるコツだということをキッコロ先生に教えて頂きました。
 手押し車は、友だちとお互いに足を持ちながらしました。足を持つ人は、友だちの両膝をしっかり持ってあげることが大切だと教えて頂きました。上手く持てないときは足首でもよいことも教えていただきましたが年長さんは、ほとんどの子が友だちの膝を上手に持つことが出来ていました。
 最後に跳び箱を跳んでみました。まだ、踏切の位置が分からなかったり、手を付く位置や、跳び箱から手を放すタイミングがつかめない子も多かったですが、少しずつコツを掴んで跳べるようになったお友だちもいました。キッコロ先生から、「ライオン歩きと手押し車をすると、跳び箱が上手になるから次の体操教室までに練習しておいてね。」と宿題が出ました。子どもたちは早速ライオン歩きを廊下で練習していました。

しっかりと柔軟体操をしています。
両足跳びをしながら前に進んでいます
ライオン歩き
手の力だけで前に進んでいます
手押し車をしています
跳び箱に挑戦!!
7回目の体操教室ではサーキットを作って、ライオン歩きと手押し車と跳び箱を順番にしていきました。「前回の宿題を頑張ったから、跳び箱が上手になってきましたね。」とキッコロ先生に褒めて頂きました。まだ跳ぶタイミングや手をつく位置が分からないお友だちもいますが、みんな前回より上手になっていました。
ライオン歩きと手押し車の様子
跳び箱の様子
10月は体操教室の様子を3回に分かれて参観して頂きます。楽しみにしていてください。
TOPへ戻る